So-net無料ブログ作成
検索選択

ラフと一段階目と清書 [絵 メモ]

気が付いたことを頭の中でまとめメモ

絵を描く段階で、まずイメージを大雑把なラフにしてイメージを固めてそれを清書していくのだが
前は大雑把な頭の中のイメージを大雑把なラフに起こすのでさえ苦労していたが、
今はわりとスムースにラフにまで起こせる気がする。

前は大雑把なラフを描いてそこから体のラインを描き入れてバランスをとったりしても、
体が上手く描けないのでそこで四苦八苦してたが、
いまはその部分がましになってる気がする。

ラフは下記にある魔理沙絵。
魔理沙絵は「大雑把なラフ→ラフ」の二段階。
顔のアップのとか裸のはそのまま一発描き。

まぁここから線画に起こそうとすればまた四苦八苦すると思う、カラーも大変そうだ。
誤魔化して描いている部分を補完できるようにならないといけないのだろう。

これは30秒ドローイングの成果なのか?
頭の中でイメージが想像しやすくなっているのか?

このままラクガキしてれば何かつかめそうなのだが、締め切りが…

並べてみるとこんな感じ、大雑把なラフだとこれくらい大雑把。
1枚目もう大雑把すぎてなにやら解らないですが、大雑把な頭の中のギュォーンなイメージ。
01.jpg
2枚目で、大雑把なラフを不透明度25%くらいにして上にレイヤーを重ねて描いていくとこれになる。
02.jpg
1枚目ラフ、上のよりはまだ解りやすいかも、体のライン描いてるし。
03.jpg
2枚目全部スカートは適当に描いているから清書するときは大変そうだ。
04.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。