So-net無料ブログ作成
検索選択
不思議 メモ ブログトップ

UMA系 動画 [不思議 メモ]

◆1つ目闇に光る目の人間型系、こういうのって昔は地底人とかだったきもする。
2つ目びっくり系、3つ目スパーダーマン

「Best Real Hybrid Alien Creature On Caught Film Video 2013 News」


▼『【閲覧注意】このCMマジでヤバすぎwwwww これは怖い・・・・:暇つぶしニュース
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/6966373.html
「【閲覧注意】雪道コワイ」


▼『ロシアで撮影されたビルにへばり付く異様なほど手足の長いミュータント人間が恐ろしい!! by 感汁!2chまとめ 』
http://goodboy22ch.blog69.fc2.com/blog-entry-4331.html
CRAZY! MUTANT MAN CAUGHT CRAWLING DOWN BUILDING IN RUSSIA!!」


--

心霊 「えんぎゃあああああああああああああ」 [不思議 メモ]

◆この夏あんま心霊なかったのでこれでなんとかならんか



--

山の牧場 情報収集 [不思議 メモ]

■山の牧場、ネットでの情報収集

▼『カオスちゃんねる : 【閲覧注意】全国の心霊スポットを格付けしてみたwwwwwww 』
http://chaos2ch.com/archives/3244156.html
▼『VIPPERで心霊スポットランク付けしようぜ : あじゃじゃしたー 』
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/6615642.html

よくみると地元の心霊スポットもあるが、ごめんなさい昔そこでサバゲしてたよ…。

大阪近辺は大体行ったはずと思いながら見てて思い出した。

「山の牧場」

ジャンル的には心霊ではなくUFOとアングラ犯罪的なジャンル。

新耳袋という怪談集で紹介された体験談。本あったはずなのだけどもどこだ?みつからぬ。

10年くらい前に暇なので探しに行こうと兵庫の山奥をあてもなく探しまわったが見つからず帰還した
いきなりだったのでロクに調べもせず兵庫の山奥としか解らず雪の積もった山道を歩いて登ったりもした。
2001くらいだからわりと早い段階で探しにいったのでネットでも情報はあまりなかったがその後特定されたのね。

で、思い出してネットで調べたら5分ほどで場所が特定できてきがぬける、googleばんざい。

大まかな話
▼『『山の牧場』 - 怖い話まとめブログ 』
http://khmb.blog92.fc2.com/blog-entry-4433.html

牧場の時系列と著者の動画、
あと動画ちょっともりすぎ、用途不明な物ってズボン用ハンガーやないですか。
牧場へ続く道へのT路地の牧場側、舗装されてるし…
▼『中山市朗ブログ:山の牧場・殴り込み - livedoor Blog(ブログ) 』
http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/archives/51024540.html
▼『怪談新耳袋 殴り込み 2 ‐ ニコニコ動画(原宿) 』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4487019


大きな地図で見る

ここのおかげで特定、それと画像とか。 残念なのはどちらもお札の部屋の画像なし。
なのだが上記の動画を見るかぎりほとんど剥がされていて今となっては謎。
お札自体は普通に売っているお札ぽい。
▼『新耳袋 山の牧場は何処に | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮) 』
http://iai1016.jugem.jp/?eid=558

▼『廃墟ディスカバリー:・山の牧場 - livedoor Blog(ブログ) 』
http://blog.livedoor.jp/kobateck/archives/cat_50012757.html#top

南のところに見える赤い屋根が「山の牧場」と思われる。
「兵庫県朝来市和田山町朝日551」
直接の住所が表示できないので一番近い住所なので民家か納屋だと思われるので突撃しないように。

画像サイト2つのサイトの記事にはお札の部屋はない、両方2007年の記事。
お札の部屋の扉は塞がれているような画像もあるが
動画ではお札に侵入している、こちらのDVDは2008年発売。いまはどうなっているのか?

動画を見た印象はわりともってるなぁという感じに感じるが
これならカーナビで近くまで行けそうな感じ、つれが岡山に行く時にいってみるか?

本が見つからないので。7集くらいまではあったはずなのだが…
かわりにすこし読めるところを。
▼『【わからない】山の牧場【恐怖】その1 』
http://unkar.org/r/occult/1218816576

いま改めて読むと
「一階部分にはなぜか石灰の山」がとか書かれているけど牧場で石灰は普通に消毒で使用すると思うのだが…
▼『家畜舎洗浄・石灰塗布・牧場の環境改善 』
http://www.buster-energy.co.jp/Pasture.htm
▼『石灰塗布 - のほほん牧場生活 その2 - 楽天ブログ(Blog) 』
http://plaza.rakuten.co.jp/siratuyufarm/diary/201106020000/l

画像見る限り牧場までの道も広く感じる、崖にあるわけでもなく平地に草むらなので無理すれば通れる気が
普通車が通れれば2トントラックまでなら入れるし4トンもむりすればいけると思うのだが、
建築の専門家が通れないというのなら仕方ない。

あと謎とされている二階の壁にある扉
離れた建物の両側の同じ位置に付いていて、
扉の下の壁の部分だけがブロックむき出しで外壁加工していない、
もともとの建物の一部なので増築でのブロックむき出しではない
他の写真で見ると他所の内壁はブロックむき出しになっているのでたぶんここも内壁だったのではないか?
ところから推測するに、
2つの建物の間に一階部分がありここから両側の二階にいける部分があったか作る予定があったのだが、
結果的になくなってどこにも行けない扉になっているんじゃ?
だからもともとはひとつの建物であったが間がなくなり二階部分へ行く方法がなくなってしまい
強引に壁をくり抜いた階段をつけたということじゃないのかな?
でもまぁこれは想像で行ってみないとわからぬなぁ。

ここは2011/2の記事なので去年くらいの画像なのかもしれない。扉についても同じ予想してるな。
あといままでなかった新事実の画像肉の値札がある、
値札があるってことはそれなりの客がくることを想定していてトイレが多いことのヒントはこれじゃないのか?
どうしていままで誰もみつけなかったんだろうか?客を入れるにしても道を舗装しないのはどうなのか?
廃色melancholy  山の牧場 その1 http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-359.html
廃色melancholy  山の牧場 その2 http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-360.html
廃色melancholy  山の牧場 その3 http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-361.html
廃色melancholy  山の牧場 その4 http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-362.html

こっちには領収書の画像
題名がありません(β) 山の牧場~新耳袋の疑惑~ http://daimei.blog25.fc2.com/blog-entry-15.html

こうやって見ていくとわりともってる感がする、各種専門家が謎と断言する牧場一人行方不明になってるけど、
そっとしておくべきなのかもしれない。


おまけ 北海道版山の牧場
▼『第百夜「山の牧場 北海道篇」 』
http://z4242.zombie.jp/600/ppp100.htm

--

トミノの地獄 まとめ 2 [不思議 メモ]

◆「トミノの地獄」まとめ2

▼『トミノの地獄 メモ:訓練所:So-netブログ 』
http://fps.blog.so-net.ne.jp/2011-05-31-3

▼『西條八十 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%A2%9D%E5%85%AB%E5%8D%81
生誕1892年
没年1970年
トミノの地獄初出
「薔薇 砂上の薔薇 トミノの地獄
 1914年(大正3)4月1日発行の「假面」第三巻第四号に発表。」

◆西條八十氏の本を図書館で2冊借りてきたのでありがとう図書館 まとめ
01.jpg

■西條八十全集の「砂金」紹介写真
05.jpg
01.jpg
■「トミノの地獄」掲載ページ最後の一行は次ページ
04.jpg

西條八十100選の最後に掲載されている年譜を簡単にまとめると

裕福な家の生まれで父親が急逝して財産を掠め取られたりとかあったが
大学には通えていてその大学もつまらないから辞めたりとか裕福ゆえの苦労はあったもよう。

「トミノの地獄」が発表されるのは1914年なのでその前後の出来事は

1917年くらいは不遇なときであったと書かれているので
詩が書かれたのはその不遇な時と思われる。

1914年頃は株の売買で生計をたてていて、兄が家の財産を持ちだして芸者と出奔したり
天麩羅屋をやってみたが潰れたりと不遇な時にはいろいろあった模様だが

1919年には遺品を質入れした3000円を株で30万まで増やす。
米が10キロ2~3円という時代の30万なので大金である。
その株の儲けで第一詩集「砂金」を豪華な羊皮紙の装幀で出版
出版社から声がかかったのもこのころで1918年くらいからは上向き人生。
20歳中頃に苦労していたってのは誰でもそうなので別段不幸とかではなし。

その後は戦時中は軍歌を作詞したり戦後は日本音楽著作権協会会長を務めたりと
40歳くらいのエピソードで探すと

▼『大島博光記念館 西条八十』
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/blog-category-67.html
--(引用)
「「蝋人形」をやっている時にね 大学の先生の月給が二百円のころ 僕の月給が六十円だよ
ぼくがはたちすぎ 西條先生はそのころ四十歳くらいだよ
 働き盛りだ 大正末期から昭和初にかけてね 童謡も作れば歌も作るし 
ひとつ書けば二百円くらいになるんだから 一晩でそのくらい飲んじゃうんだよ
 西條先生と先生の奥さんと三人で銀座の何とかいう料亭へ行ったことがあるんだよ
 ふぐを食べたんだ 三人で行ってそれが三十円くらいだよ 
僕の給料の半分だからね 今なら十万円くらいだとして一人二~三万円だよ 鹿鳴館っていったかな
 大正から昭和にかけてね 童謡も作れば歌も作るし」
--(ここまで)

残りの人生を読む限りでは成功者だと思われなので
人生を呪いながら死んだとかではないので作者が不幸だとか呪いだとかいうのはない。

西條八十全集には島田謹二氏の「トミノの地獄」の解説が掲載されているので
興味がある人は読んでみるのもいいかもしれない。

というか、私が知らなかっただけで著名人じゃないか?
この辺りの歌は誰でも聞いたことがあると思う。

▼『村田英雄 王将 - YouTube 』
http://www.youtube.com/watch?v=srYpRKfOXUM
▼『.鞠と殿さま - YouTube 』
http://www.youtube.com/watch?v=cVgAE5bQ2tE


で、この詩がどうして音読すると呪われる詩になったのか?


噂の出所としての本「心は転がる石のように」がやっとこ届いたのでありがとうアマゾン、読んでみる。
03.jpg

内容はある詩の恐ろしい噂があり寺山修司がしばらくして死んでしまったとしか書いていない。
文の中には「かの有名な童謡」と書いてあるのでどこかでは有名な噂話にはなっていたのかもしれない。
あとはこの噂は辿ることだけなのだが、これは四方田犬彦氏に直接聞くしかないだけども
無理です。

▼『四方田犬彦 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%96%B9%E7%94%B0%E7%8A%AC%E5%BD%A6

寺山修司氏に関しては
「田園に死す」が1974年、肝硬変で入院が1979年、没年1983年なのでほぼ関係はない。
このあたりはファラオの呪いとおなじ原理だろうと思われる。

■参考
▼『寺山修司 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8
▼『ファラオの呪い 』
http://www.nazotoki.com/noroi.html

最終的な一次情報までは辿りつけなさそう。
残る検証は映画「田園に死す」見るくらいか?
▼『田園に死す - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%9C%92%E3%81%AB%E6%AD%BB%E3%81%99

ここまででみると解りやすい都市伝説らしい広がり方の見本みたいな感じ。
昔とは違いネットを通して広がり方も加速する時代。

曖昧な情報一次情報=一次発信者=それを見て噂をする二次発信者=ネットでねずみ算式=都市伝説化

あとは当時の噂に噂なりの真実意味はあるのか?

考えるとすると
読んだままの表の意味と裏での意味がちがうとか、口に出せない事柄をこの詩を借りて表現していたとか
作者の意図してなかったところでの引用がされていたとかか?

出所に辿りつけるのか?


そしてこれを繰り返していればいつか当たりに辿りつけるのか?


▼『都市伝説 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E5%B8%82%E4%BC%9D%E8%AA%AC
▼『どうしてこうなった…?1本の線を500人が次々なぞる伝言ゲーム的実験が凄い結果に 』
http://www.kotaro269.com/archives/51308793.html


おまけに「心は転がる石のように」に掲載されている一部を引用
--(引用)
今日は、こないだ予告したように、絶対に声に出して読んではいけないと、長い間いわれてきた一編の詩を紹介しよう。
ただ黙って字面だけを追い、意味を了解しるのならかまわないが、万が一にも朗読などしてしまうと、
あとで取り返しのつかない恐ろしいことが生じるという、かの有名な童謡?のことである。
今までその掟を破った人に寺山修司がいた。
彼はそれからしばらくして、46歳で死んでしまった。その前にその作者について、簡単に紹介したい。

(西條八十の紹介)
(詩の全文引用)
(詩の自分なりの解説)

けれども、重ねて忠告しておこう。この詩は絶対に声に出して読んではいけない。
さあ、みんなに教えてあげよう!

--(引用ここまで)


砂金 (愛蔵版詩集シリーズ)

砂金 (愛蔵版詩集シリーズ)

  • 作者: 西條 八十
  • 出版社/メーカー: 日本図書センター
  • 発売日: 2004/03/25
  • メディア: 単行本

心は転がる石のように―Papers 2003‐2004

心は転がる石のように―Papers 2003‐2004

  • 作者: 四方田 犬彦
  • 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン
  • 発売日: 2004/12/08
  • メディア: 単行本

田園に死す 【低価格再発売】 [DVD]

田園に死す 【低価格再発売】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



不思議系 リンク [不思議 メモ]

◆夏の間に集まったリンクを整理 メモ

■たぶん海外の不思議系情報サイト
▼『THE TRUTH BEHIND THE SCENES | ACTUAL AND REVEALING NEWS, SCIENCE, TECH, SPACE, ANCIENT CIVILIZATIONS, HISTORY, MYSTERIES, SECRETS, UFO AND EXTRATERRESTRIAL LIFE 』
http://thetruthbehindthescenes.wordpress.com/

■怪談
▼『今まで体験した怖いことをちょっとずつ語っていこうと思う │ キニ速  気になる速報 』
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/2989932.html

▼『【閲覧注意】ゾッとするような最恐に怖い話『日暮里駅の階段23段目』:哲学ニュースnwk 』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3929850.html
▼『【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『霊柩車』:哲学ニュースnwk 』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3996140.html
▼『【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『オリンパスのリストラ方法』:哲学ニュースnwk 』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3986505.html

▼『怖いけどちょっと切ない話下さい - まめ速 』
http://mamesoku.com/archives/3113793.html


■定番どころが
▼『夏の心霊写真祭り:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´) 』
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52482777.html


■で、これはなんだったのか?
▼『世界終了 世界各地でアポカリプティックサウンド(終末の音) ヨハネ黙示録の天使のラッパか : 不思議.net
http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/4250440.html


▼『ゲースレVIP:クトゥルフ神話に詳しい奴ちょっと来て 』
http://gamer-thread-vip.livedoor.biz/archives/3635166.html
▼『カオスちゃんねる : 【閲覧注意】六道輪廻の世界怖すぎワロタwwwww 』
http://chaos2ch.com/archives/3048666.html
▼『世界の猟奇的な実験 : はれぞう 』
http://blog.livedoor.jp/darkm/archives/51265632.html
▼『アンダーワールド  【画像】巨 大 な も の が 怖 い 』
http://underworld2ch.blog29.fc2.com/blog-entry-674.html

▼『カオスちゃんねる : 【閲覧注意】コトリバコとか八尺様みたいな儀式のある村って本当にあるの? 』
http://chaos2ch.com/archives/2995846.html

名古屋限定の新しい都市伝説になるか?
▼『【完結編】白い人につけられてる怖い【閲覧注意】 │ キニ速  気になる速報 』
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/3117337.html

--

ホラーグッズ ドア 人形 [不思議 メモ]

◆このドアつけたい
▼『凶暴な異常者がドアを破ろうと迫ってくる!ような、ホラー展示物 Asylum Door 』
http://www.kotaro269.com/archives/51293451.html

「Asylum Door」


--
アメリカは素敵なおもちゃがいっぱいだ
「Fuming Rotter Animated Fog Accessory (Spirit Exclusive)」

■外見違い。外見かえたらゴジラもいけそう
▼『Spewing Corpse - Fog Accessory 』
http://www.halloweenasylum.com/spewing_corpse_fog_accessory.html
■これなんかでかすぎ、というか見られたら通報される
▼『Psycho Sam Animated Halloween Prop 』
http://www.halloweenasylum.com/psycho_sam_animated_prop.html

スモーク発生装置も売ってるのか
▼『Fog Machine 400w Halloween Prop 』
http://www.halloweenasylum.com/fog_machine_400w.html

--
◆これは自作か、庭に一つあれば子供大喜びだ
「Cauldron Creep - Halloween Day」

▼『The Devil's Workshop 』
http://devilschariot.blogspot.com/

■あとは屋根にこれをつければ子供が泣きながら「おとうさんもうやめて!」状態
Flying a ghost with a wiper motor - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=mRtMjjfXhCU&feature=related

--

Twitter怪談 メモ [不思議 メモ]

■Twitter怪談

▼『Togetter - 「空の境界の元ネタの一つになった北海道C市にある円形マンション その前にあった病院が実家だった方の語るこわい話」 』
http://togetter.com/li/171460

▼『ブログ2周年記念日の画像 | ひきこもりかけぶろぐ 』
http://ameblo.jp/pachuca33/image-10210416801-10142584779.html

■光の加減でそれっぽいことに…
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%8D%83%E6%AD%B3%E5%B8%82%E5%B9%B8%E7%94%BA%EF%BC%96%E4%B8%81%E7%9B%AE+%E6%B5%B7%E8%80%81%E5%A4%A9&hl=ja&ie=UTF8&ll=42.825937,141.652152&spn=0,0.002411&sll=42.820958,141.650876&sspn=0.404422,0.617294&brcurrent=3,0x5f7520a84499d459:0xdcb41a04b8f05075,0&t=h&layer=c&cbll=42.82586,141.652068&panoid=KeWFjR4sQwCkP2IcWDjyUA&cbp=12,322.97,,0,-31.87&z=19
■これも一応聖地ってことになるのか?って特定したらだめか?
私てきには住みたいと思ってしまうのだがみなはどうなのだろうか?

--

きさらぎ駅 メモ [不思議 メモ]

■今日は19時から
スパモク!!世界の恐怖映像2011[字]
8/4 (木) 19:00 ~ 20:54 (114分)

--

■ツイッター怪談
▼『Togetter - 「きさらぎ駅」 』
http://togetter.com/li/170118

■オチ
▼『Togetter - 「きさらぎ駅・検証してもらったよ」 』
http://togetter.com/li/170545

▼『2chまとめサイト - きさらぎ駅 』
http://llike.net/2ch/fear/kisaragi.htm

▼『キサラギ駅(前編) - 都市伝説・・・奇憚・・・ 』
http://yoshizokitan.blog.shinobi.jp/Entry/5389/
▼『キサラギ駅(後編) - 都市伝説・・・奇憚・・・ 』
http://yoshizokitan.blog.shinobi.jp/Entry/5391/



--

ふしぎなもの メモ [不思議 メモ]

■大きな地震があった訳で、
地元でもいつかM8級クラスの南海地震がくると言われているのだけど今回の東北地震は想定以上の大きさで
となると、地元の地震対策の見直しがあるのだろうかと思ったが市のホームページを見てもそれらしき記実はなし。
見落としているのか?ないのか?どっちだ?

▼『南海地震 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E5%9C%B0%E9%9C%87

--
■ふしぎなもの メモ

▼『ニュース - 動物 - 寄生菌感染したゾンビアリ、正午に死す(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 』
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110512002&expand#title
▼『【閲覧注意】頭部に寄生して死ぬ時間までも操作する恐怖のキノコ 』
http://alfalfalfa.com/archives/3309295.html

▼『カオスちゃんねる : 未だ解明されない世界の超常的な場所・物・出来事・人物 』
http://chaos2ch.com/archives/2702926.html
▼『カオスちゃんねる : この地球で解明されてない不思議を教えてくれ 』
http://chaos2ch.com/archives/2797694.html

▼『ヴァンパイアの定義とは? 』
http://alfalfalfa.com/archives/00435.html
▼『カオスちゃんねる : 吸血鬼と日本の鬼ってどっちが強いの? 』
http://chaos2ch.com/archives/2756957.html

▼『アンダーワールド  【微グロ注意】UFOとかUMAの写真貼ってwktkしようぜ 』
http://underworld2ch.blog29.fc2.com/blog-entry-757.html

▼『カオスちゃんねる : 【画像】地球にこんなのが生きてたんだぜ…… 』
http://chaos2ch.com/archives/2752234.html

▼『カオスちゃんねる : 【閲覧注意】オチでビビる怖い話 』
http://chaos2ch.com/archives/2798650.html

▼『チリの火山噴火で空がヤバイ CGじゃないのかコレ? - ブラブラブラウジング☆(ゝω・)v 』
http://brow2ing.doorblog.jp/archives/1631240.html

▼『【洒 落 に な ら な い】賃貸物件の写真にとんでもないものが写っている件 : 2のまとめR 』
http://2r.ldblog.jp/archives/4986832.html
▼『不動産の物件紹介ページにやばい画像があるwwwww : ニコニコVIP2ch 』
http://blog.livedoor.jp/nicovip2ch/archives/1676393.html

--

UFO メモ [不思議 メモ]

■最近UFO関連が盛り上がらなくなって久しく寂しいが、youtubeで検索したらぼちぼち動画は増えている。
いまはCGのクオリティが上がり個人でもそこそこの動画を作れるようになったので
遠くで光の玉やそれっぽいものが浮いているようなそれっぽいものではもう盛り上がることはないだろな

現状で次に来るとしたら
不特定多数の人が目撃しなおかつ鮮明にUFOだと解る動画くらいじゃないともう話題にはならないだろう。
宇宙人解剖ビデオのときのようにそこまでのものを誰かが製作するか?
もしも本物だとしてそれともそれなんて「第9地区」?という状態になるのだけど。

■複数人が目撃した うかぶそれっぽいもの
▼『YouTube - UFO Over Japan 2011.flv 』
http://www.youtube.com/watch?v=Ywg3zqvxDrY&feature=related

▼『YouTube - New- Jerusalem, April 2011. UFO hovering in sky 』
http://www.youtube.com/watch?v=I5agU9AYAPk&feature=

▼『YouTube - UFO in NYC: Aliens or balloons in New York sky? 』
http://www.youtube.com/watch?v=TbPL91AUAkc&feature=related

▼『動画 - ニューヨークのUFO:エイリアンやニューヨークの空に風船? 』
http://www.youtube.com/watch?v=TbPL91AUAkc&feature=related

■打ち上げ花火のあとに現れた もうなにがなんやらわからないもの
▼『YouTube - Kaliningrad 09.05.2011 Victory Day (9 May) / Калининград 09.05.2011 День Победы 』
http://www.youtube.com/watch?v=Oofl0Gt3sbk&feature=watch_response

-
■それっぽい動画を沢山アップしてる人
▼『YouTube - ‪masato3500 さんのチャンネル‬‏ 』
http://www.youtube.com/user/masato3500

-
■以前話題になっていたUFO
これくらいのものを不特定多数の複数人が撮影くらいでないと今後は注目されないかもしれない。
このどちらもフェイクだと証明されてたはず。

▼『YouTube - UFO - Caribbean 』
http://www.youtube.com/watch?v=ZNonaNP8ILA&NR=1
▼『YouTube - Capitola Dragonfly Drones Spotted On Fox News [HQ] 』
http://www.youtube.com/watch?v=wFoD9DhkkbM&feature=related

■ハイチUFOの検証
▼『YouTube - UFO OVER HAITI ** PROOF OF FAKE** ANALYSIS OF THE TREES 』
http://www.youtube.com/watch?v=DSDRv4o6SRQ&feature=related
▼『ドローンズ - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

-
■最後に本物
▼『YouTube - UFO over NYC Airport TODAY!! 』
http://www.youtube.com/watch?v=yEOF_yRGdPw&feature=related

--

トミノの地獄 メモ [不思議 メモ]

■長くなったので別に メモ
夏に向けてと調べてみたが逆に怖くなくなってしまったかもしれない。

--
■「トミノの地獄」 メモ

■「トミノの地獄」とは声に出して読むと死ぬという噂の詩。

「姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、 地獄くらやみ花も無き。
鞭で叩くはトミノの姉か、 鞭の朱総が気にかかる。
叩けや叩きやれ叩かずとても、無間地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内をたのむ、 金の羊に、鶯に。
皮の嚢にやいくらほど入れよ、 無間地獄の旅支度。
春が来て候林に谿に、 暗い地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にや羊、 可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に 妹恋しと声かぎり。
啼けば反響が地獄にひびき、 狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、 可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、 針の御山の留針を。
赤い留針だてにはささぬ、 可愛いトミノのめじるしに。」


■発見ここからスタート
>>24にある詩はなんだろうか?「絶対に声に出して読んではいけない詩」というものか?
▼『もみあげチャ~シュ~ : 深 夜 に 絶 対 や っ て は い け な い こ と - ライブドアブログ 』
http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51617811.html

■西條八十氏という人の「トミノの地獄」という詩なのか?本自体もアマゾンで普通に売ってる「砂金」という本。
読もうにも読めぬ字がと思ったらふりがなしているもの発見。「同期の桜」ってこの人の作詞なんだ。
▼『【音読】トミノの地獄【禁止】 』
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1166945148/
▼『西條八十 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%A2%9D%E5%85%AB%E5%8D%81

■よく書かれている噂で寺山修司氏が亡くなる前に読んだと書いているが亡くなる数年前から肝硬変で入退院を繰り返して他の病気を併発して亡くなられているのでまったく関係ないぽい。
映画『田園に死す』内でトミノの地獄が歌になっているとかもあるが映画自体は1974年、
没年1983年は映画から9年後なので関係なし。
▼『トミノの地獄とは (トミノノジゴクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 』
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%81%AE%E5%9C%B0%E7%8D%84
▼『寺山修司 - Wikipedia 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8

■詩の解釈は最終的には書いた本人にしか解らず謎。
▼『トミノの地獄について - Yahoo!知恵袋 』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1435762639
▼『「トミノの地獄」の意味・・・ : 趣味・教育・教養 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 』
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0814/142559.htm?g=08
▼『トミノの地獄 』
http://www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/kaidan/1134363539/l50

■どこからこの詩がそういう噂されるようになったのか解らぬ。
ぐぐって見た限りでは2005年くらいからネット上にちらほら出てきて見た範囲ではこれが古い。
で、このなかで(サイトが消えると真実が消えてなくなるのでコピペ)
出張中、恐ろしい話を読みました。ちょっと信じがたい話なのですが、調べてみても情報が見つかりませんでした。そこで詳しいことをご存じの方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。  博覧強記の学者・四方田犬彦の『心は転がる石のように』に載っていたお話。」
というフリで
「「絶対に声に出して読んではいけない詩」があるというのです。黙って心の中で読むのなら良いのですが、朗読してしまうととんでもない凶事が起こるという詩。なんでも寺山修司はこの詩を声に出して読んでしまったためにしばらくして亡くなったとか。」
と書いているので寺山修司氏が亡くなった元はここからか、あとは元の本にどう書いているか。
そのあと「まんがグリム童話」に「トミノの地獄」のコラムが載った模様。
▼『真があって運の尽き: 絶対に声に出して読めない『トミノの地獄』 』
http://photo-collage.jp/makoto/archives/2005/01/post_175.html

■あったこれか
同じBlog内で「この噂をネット上で紹介したのは当ブログが最初です。」と書いている。
紹介した同時期にBlog主が偶然入院したのが重なって噂がさらに広まったと。
ネットの出処はこのBlogでその大元となる情報源を書いているのが「心は転がる石のように」という本。
ということか。
▼『真があって運の尽き: 『トミノの地獄』について 』
http://photo-collage.jp/makoto/archives/2005/04/post_243.html

■あとは
出処がこのBlogなのでネットにはこのBlogぁら広まるそれ以前の噂はまったく流れていない。
「心は転がる石のように」の本のどの部分にそれが書かれているか。
ネットの出処はこれだとして、「心は転がる石のように」書かれている噂はどんなものか?
そして2005年以降は誰も死んでいないのが解るがそれ以前にそういう噂はあったのか?
寺山修司氏の死との因果関係の噂は本を読んでみないと解らない。
このBlogひらいても「Mac5210.com」に飛ばされるのはなぜだ?更新を止めれば一応みることはできる。

確認したいが
「心は転がる石のように」はアマゾンで中古が300円くらいであるけどたぶん送料600円はかかるのよなぁ。
普通の本屋で探すのは至難の技だしなぁどうするか…

本の噂は解らないが、ある情報だけで考えるに
詩自体は反戦の詩みたいな解釈もあるので、
あの時代に大きな声で反戦とは言えない=声に出してはいけない、
という部分だけが残ってそこで何かと結びついて噂がたったと考えられるきもする。
がネット以前の情報がなさすぎるので謎。

■でもまぁ
もうここまで広まるともとの詩とは別にこれはこれで独立した都市伝説の「トミノの地獄」として存在しているきがする。
これで噂元のBlogが消えていたらほんとにネット都市伝説の出来上がりになる。

「トミノの地獄」って見たとき最初に浮かんだのは富野監督信者の高説を延々と聞かされる苦しみ的なものか
おま◯こ舐めたいキャラとかの富野的画像を並べたフラッシュ的なものかとおもた。


砂金 (愛蔵版詩集シリーズ)

砂金 (愛蔵版詩集シリーズ)

  • 作者: 西條 八十
  • 出版社/メーカー: 日本図書センター
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本

心は転がる石のように―Papers 2003‐2004

心は転がる石のように―Papers 2003‐2004

  • 作者: 四方田 犬彦
  • 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン
  • 発売日: 2004/12/08
  • メディア: 単行本



--

夏の定番 [不思議 メモ]

▼夏に向けての準備
だけど、なかなか新しい映像がない、なので怪談。



▼『作った動画集 ‐ ニコニコ動画(原宿) 』
http://www.nicovideo.jp/mylist/13121882

--
■ここはまだ機能しているのか
▼『心霊番組情報@ ウィキ - トップページ 』
http://www21.atwiki.jp/shinreibangumi/

--
■「黒い女」以前メモしてから一年これといって変化なし。
▼女性の霊では海外では白い服を着た少女が定番ぽくて、
日本では黒い服ワンピースのようなものをきた女性がわりと増えてきている気がする、わりと定着している?
昔の幽霊は死に装束が白だったので白い服を着ていたが黒は喪服からきているのか?貞子は白だったか?
このネタが好きなのはブロードウェイ。
こういう動画をみるときはコメントあるといい。

「黒い女」の映像
■携帯で部屋を撮影中に窓のカーテンに現れる黒い女
▼『YouTube - 不気味な女 』
http://www.youtube.com/watch?v=NZmoyPGuxKw&feature=related


■心霊スポットで撮影した映像に写りこんだ黒い女
▼『YouTube - 黒づくめの女 』
http://www.youtube.com/watch?v=jd0iBVpVPzI&feature=related


■男女が喧嘩している部屋の窓の外に立っている黒い女?ぽいもの
▼『YouTube - 呪いの女 』
http://www.youtube.com/watch?v=USsac1p7DBs

▼『YouTube - 「携帯に映り込んだ黒いワンピースの女性」を分析しました 』
http://www.youtube.com/watch?v=2S32AErTZYU


■作り物だけど
▼『YouTube - 壁女 』
http://www.youtube.com/watch?v=pGNjy_xC6h0&feature=related


▼映像だけだと映像のインパクトが優先されて物語性が生まれず一発芸のような感じになってしまうのか
都市伝説としては定着しているような感じはしない。
一応怪談は探せばいくつか出てくるけど。

▼『黒い女』
html http://syarecowa.moo.jp/263/28.html

▼『怪異録 -怪談と都市伝説- 黒い服を着た女の人 』
http://gnosis.blog64.fc2.com/blog-entry-2911.html

▼『怪異録 -怪談と都市伝説- 女鬼トンネル 』
http://gnosis.blog64.fc2.com/blog-entry-119.html

▼『怪談#99【黒い女3】|ウメダロク 下巻 』
http://ameblo.jp/umedy-music/entry-10635553965.html

--
▼『暇人\(^o^)/速報 : 【閲覧注意】心霊写真スレッド - ライブドアブログ 』
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51631064.html

▼『カオスちゃんねる : 【閲覧注意】気付きにくい心霊画像ください 』
http://chaos2ch.com/archives/2751218.html

■最後は人のほうが怖いという定番
▼『てんこもり。 【オカルト】人  間の 怖  い話 』
http://tenkomo.blog46.fc2.com/blog-entry-2365.html

--
■オマケ
▼『YouTube - 霊能者とは 』
http://www.youtube.com/watch?v=Q39fc-1IZ68&feature=related

2011-03-08 動画 メモ [不思議 メモ]

アメリカ?の女の子の幽霊の共通イメージってこれになるのか
最初のイメージってなんだろうな?キャリーあたりからきてるのかな?
おばさんの反応は、びっくりして硬直なのかいつものことなのか


不思議 メモ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。